< --> 【カップル必見】彼女と旅行するときの計画の立て方はこれだ!!

同棲生活 旅行

【カップル必見】彼女と旅行するときの計画の立て方はこれだ!!

投稿日:

 

「旅行計画の立て方がわからない」

「がっかりしない旅行プランを組みたい」

 

あなたは、彼女と楽しい旅行をしたくはありませんか?

 

 

ぼくは彼女と頻繁に旅行をするのですが、

がっかりすることが多々ありました。

 

どうやったら楽しい旅行になるのかを考えて、

毎回さまざまな工夫をしています。

 

 

今回は、今までの反省を思い出して、

がっかりしない旅行計画の立て方を考えてみました。

 

彼女との旅行で、

なにから決めればよいかわからないのなら、

ぜひともこの記事を参考にしてください。

 

彼女との旅行で気をつけたいこと

 

彼女との旅行をするのなら、

喧嘩しないように気をつける必要があります。

 

以下の5点を気をつけることで、

喧嘩の可能性を大幅に抑えられます。

 

  • スマホばかりいじらない
  • 旅行の計画はリードしつつ一緒に決める
  • 旅行の目的を明確にする
  • がっかりスポットに気をつける
  • 出発時刻を考える

 

 

とても簡単なことですので、

ぜひとも挑戦してみてください。

 

スマホばかりいじらない

彼女との旅行では、

けんかをしないように心がけています。

 

特に、スマホばかりいじっていると、

 

「何しに旅行に来たの」

 

と怒られてしまうので、

旅行中は極力触れないようにしているのです。

 

 

まぁ、旅先でスマホいじるのなんて、

 

  • 仕事のやりとりをする
  • ゲームをする
  • SNSを巡回する

 

 

の3択ぐらいでしょう。

 

 

仕事のやり取りだけなら、

1日1時間程度で済みますし、

それ以外はスマホに触らないようにすれば、

上等ではないでしょうか。

 

 

もし、SNSを巡回したくなったのなら、

彼女との旅行写真をSNSに投稿するついでに、

見回りをすればよいだけですし。

 

 

とにかく、旅行に来たのなら、

旅行を楽しむようにするのがベストだと思います。

 

旅行の計画はリードしつつ一緒に決める

旅行の計画は、

男性が立てたほうが好まれるそうです。

 

実際、ぼくの彼女も、

旅行の計画を立てるのを苦手としており、

ぼくがリードして計画を立てています。

 

 

しかし、注意が必要なのですが、

旅行の計画は、ひとりで決めないようにしましょう。

 

 

旅行で訪れるようなスポットは、

がっかりスポットが多く、

口コミがあてにならないことが山ほどあります。

 

そして、旅行がつまらなかったとき、

あなたひとりで旅行の計画を立ててしまうと、

つまらなかった旅行が喧嘩の要因になるのです。

 

 

せっかくの旅行なのに、

旅行が原因で喧嘩するのは、

とても悲しいものがあります。

 

下手をすると、

ふたりで行く旅行が嫌になるかもしれません。

 

 

これを回避するためにも、

ふたりで計画を立てて、

責任の所在をボカスことをおすすめします。

 

 

理想としては、

旅行に関しての悪評を言い合える関係が望ましいです。

 

 

「お互い旅行に関して愚痴っても、

どちらか片方が後ろめたく感じない」

 

こんな旅行計画の立て方をすれば、

旅行がつまらなくても、よい思い出になります。

 

そうすれば、旅行計画が失敗しても、

また旅行に行きたいと感じるはずです。

 

旅行の目的を明確にする

旅行の計画を立てるとき、

旅行の目的を明確にすることをおすすめします。

 

旅行の目的を明確にすることで、

めりはりの付いた旅行なるからです。

 

 

たとえば、

あんこう鍋を食べることが目的だとします。

 

 

その場合、もっとも重要なのは、

美味しいあんこうを食べられるスポットを探すことです。

 

あんこう鍋がメインなので、

観光スポットは楽しくなくても問題ないですし、

高級旅館に泊まる必要もありません。

 

 

「観光はがっがりしたけど、

あんこうはおいしかったね!」

 

こんな感じの感想を持てれば、

その旅行は成功であり、

楽しい思い出になるのです。

 

 

しかし、明確な目的を決めないと、

すべてに全力を入れて、

すべてに期待しようとしてしまいます。

 

美味しいあんこう鍋だけではなく、

素敵な旅館に宿泊して、

楽しい観光地で思い出を作れる。

 

 

このようにすべてに期待してしまうと、

がっかりなものがひとつでもあっただけで、

その旅行の印象は悪いものになってしまうでしょう。

 

 

そんなすべてが楽しい計画なんて、

基本的には不可能です。

 

 

がっかりが多少含まれている前提で、

何を目的とした旅行なのかを決めて、

旅行の計画を練ることをおすすめします。

 

 

どこに力を入れるのかが明確になっていれば、

節約にもつながりますしね。笑

 

がっかりスポットに気をつける

旅行に行くのなら、

がっかりスポットに気をつけなければいけません。

 

がっかりスポットとは、高評価な口コミなのに、

実際に訪れると、ぜんぜん楽しめないスポットのことです。

 

 

それを知らずにがっかりスポットに訪れると、

旅行が苦い思い出になってしまうでしょう。

 

がっかりスポットが旅行のメインだったのなら、

彼女からひどくパッシングを受けてもおかしくありません。

 

 

しかし、日本1周して感じたのですが、

がっかりスポットが本当に多い!

 

特に田舎の観光スポットは、

がっかりスポットだらけです。

 

 

がっかりスポットをメインの旅行にしないためにも、

色んな情報元から情報を仕入れることをおすすめします。

 

そうすれば、なんとなくですが、

がっかりスポットかを判断できるはずです。

 

 

もし、どうしてもがっかりスポットが嫌ならば、

有名なレジャー施設に訪れましょう。

 

たとえば、ディズニーランド、

富士急ハイランドやハウステンボスなど。

 

 

こういったレジャー施設は、

がっかりスポットではないことが保障されているので、

安心して旅行を楽しめると思います。

 

 

とにかくがっかりスポットが嫌ならば、

マイナーな観光地には訪れないほうがよいでしょう。

 

出発時刻を考える

旅行の計画を立てるのなら、

出発時刻にも気を配る必要があります。

 

出発時刻をアバウトに考えていると、

到着時間が大幅に遅れて、

旅行がぜんぜん楽しめなくなるからです。

 

 

というのも、

休日の観光地は非常に混みあいます。

 

距離によっては、

倍の移動時間がかかってしまうでしょう。

 

 

たとえば、休日に東京から箱根へ行く場合。

 

ナビで確認すると、

到着予想時間は、1時間半程度です。

 

これなら10時ごろに出発しても、

のんびりできると考える人もいるでしょう。

 

 

しかし、休日に訪れると、

この倍ほどの時間を要します。

 

出発時間が10時ごろだと到着時間が昼過ぎで、

観光はほとんどできないのです。

 

 

旅館でくつろぐことが目的なら良いのですが、

もし観光もするのなら、

渋滞に要する時間も把握する必要があります。

 

 

距離や経由地にもよりますが、

のんびり観光したいのなら、

予想される移動時間の倍の時間を、

計画に入れることをおすすめします。

 

 

とはいえ、これは車移動の場合です。

 

電車や飛行機の場合は遅延がない限り、

移動時間にずれは生じません。

 

その分電車内は混雑しますが、それでもよいのなら、

予定時間に少しバッファを入れる程度の計画でよいと思います。

 

旅行のネタは主にこの5つ

 

旅行したいけど、

どこに行けば良いのかわからない。

 

もし、そういう経験があるのなら、

以下の5つのテーマから考えてはいかがでしょうか。

 

  • 旬の物
  • テーマパーク
  • インスタ映え
  • 温泉
  • アウトドア

 

 

これら5つのテーマから旅行目的を考えれば、

目的地候補が枯渇することはないでしょう。

 

以下でそれぞれ解説していきます。

 

旬の物

旅行に訪れるのなら、

旬の物を目的にするのはどうでしょうか。

 

旬の物とは、

具体的には以下のようなものです。

 

  • 魚介類
  • 植物
  • 天体観測
  • お祭り、イベント

 

 

こういったジャンルは、

その季節にしか見られません。

 

今しか見られないという希少価値もあるため、

旅行が良い思い出として残りやすいです。

 

 

しかし、旬の情報は、

旬がピークのときの情報が出回ります。

 

情報が入ってから訪れるのでは、

ピークが過ぎてしまっているかもしれません。

 

 

そのため、定期的にテレビやSNSで情報を収集して、

次の旬で訪れられるように、

ストックしておくことをおすすめします。

 

テーマパーク

外れが少ない旅行目的は、

テーマパークに訪れることです。

 

 

ディズニーランド、

富士急ハイランドやハウステンボスなど。

 

こういったテーマパークは体験型なので、

やることが明確にされていて、

何も気にせず存分に遊べます。

 

 

特に、有名なテーマパークなら、

恋人と行くことに憧れている人が多いです。

 

たとえ会話が弾まなかったとしても、

恋人とテーマパークに訪れたという結果があるので、

思い出補正もかかりやすくなるでしょう。

 

 

なによりも、がっかりスポットではなく、

行くまで楽しめるか分からないという不安がありません。

 

また、時間管理もしやすいので、

旅行計画に取り入れやすいです。

 

 

休日のテーマパークは非常に混雑しますが、

他に楽しい旅行目的が思いつかないのなら、

テーマパークを計画に入れることをおすすめします。

 

 

テーマパークに訪れるのなら、

Dエンジョイパスのような割引クーポンを利用しましょう。

 

最大50%引きの施設もあるので、

とてもお得に施設が利用できます。

 

1ヶ月間無料会員になれるので、

使わない手はありません。

 

インスタ映え

インスタ映えするスポットへの訪問を

旅行目的にすることもひとつの手です。

 

たとえば、神の小池、

夢の吊り橋や竹田城跡など。

 

こういったインスタ映えをするスポットなら、

男女ともに楽しめて、

思い出の写真も撮りやすくなります。

 

 

しかし、インスタ映えをするスポットは、

写真を撮る以外に楽しめる要素が非常に少ないです。

 

そういったスポットに訪れる場合は、

しっかりと下調べをおこなってください。

 

 

暇を持て余さないように、

近場で楽しめる施設が見つからないと、

旅行が失敗に終わるかもしれません。

 

 

インスタ映えするスポットを訪れるのなら、

宿屋でのんびりする旅行のついでだと良いかもです。

 

温泉

旅行といえば、

温泉と答える人も少なくないでしょう。

 

 

旅行には温泉がつき物です。

 

旅館やホテルに立派な温泉施設が付いているだけでも、

なんだかワクワクしてしまいますよね。

 

 

もし、温泉がメインの旅行計画にするのなら、

立派な旅館やホテルを予約することをおすすめします。

 

観光は一切せずに、

温泉に浸かって美味しいものを食べる。

 

 

こういった旅行なら、

良い宿泊施設が見つかれば、

失敗することがありません。

 

一切観光しないのなら、

ちょっと高い宿泊施設に泊まっても、

むしろ安くなる可能性すらあります。

 

 

しかし、がっかりスポット同様で、

がっかり宿泊施設も存在します。

 

もし温泉でのんびり旅行をするのなら、

しっかりと宿泊施設をリサーチするとよいでしょう。

 

アウトドア

近年は、体験型レジャーのような、

アウトドア系の娯楽が好まれています。

 

たとえば、シュノーケリング、

シーカヤックやラフティングなど。

 

 

こういった体験型レジャーは、

体を使った体験なので、

嫌でもテンションを上げられます。

 

ドーパミンがドパァーと出るので、

笑顔が絶えない旅行になるでしょう。

 

 

しかし、その分非常に疲れます。

 

旅館に付くころにはヘトヘトで、

家に帰ったら思わず

 

「疲れた……」

 

と口から漏れてしまうでしょう。

 

 

遊んでるときは非常に楽しいのですが、

疲労感が残ってしまうことを覚えておきましょう。

 

くれぐれも疲労が原因の喧嘩には、

発展させないようにしてください。

 

 

ちなみに、アウトドア系のサービスを探すのなら、

「asoview!(アソビュー)」がおすすめです。

 

「asoview!(アソビュー)」とは、

日本最大級のレジャーサイトで、

全国のレジャー施設を探せたり、

料金比較ができたりします。

 

無料で利用できるので、

活用してみてはいかがでしょうか。

 



カップルの旅行は車移動がおすすめ

 

カップルで旅行をするのなら、

電車ではなく、車での移動がおすすめです。

 

以下では、その理由と注意点を紹介するので、

参考にしてください。

 

2人なら新幹線よりも車の方が安いことも

車を所持している場合、

高速道路料金とガソリン代をあわせても、

電車を使った移動料金より安くなることがあります。

 

たとえば、新宿から仙台に行く場合。

 

 

新幹線で行くのなら、

1人当たり片道7,400円かかります。

 

2人合わせた料金は、

7,400円×4=29,600円です。

 

 

対して、車での移動なら、

高速道路代が片道6,700円。

 

移動距離が370kmなので、

ガソリン代が約5,500円。

(燃費10km/ℓ)

 

車での往復料金は、

(6,700+5,500)×2=24,400円。

 

 

このように、車での移動のほうが、

約5千円程度安くなります。

 

 

これは極端な一例でしたが、

車移動だから高額ということは決してありません。

 

しかも、車なら持ち物がたくさん運べて、

歩くことも必要なく、

さまざまなスポットに訪れることが可能です。

 

 

低価格でより自由な旅行になるので、

2人以上だったら車を利用してはいかがでしょうか。

 

 

ちなみに、レンタカーを借りる場合は、

かならず一括見積もりサイトを利用しましょう。

 

場所によっては全く異なる料金設定なので、

少しでも予算を抑えるのなら、

一括見積もりサイトがおすすめです。

 

 

 

車を運転するときの注意点

車を運転するのなら、

以下のことに注意してください。

 

  • ETCマイレージサービスに登録する
  • 事故に気をつける
  • 自動車保険を見直す
  • 運転を交代できるか確認しておく
  • 渋滞になるケースを想定しておく

 

 

旅行で車を運転するのなら、

以上の点を気をつけましょう。

 

 

特に、渋滞になるケースの想定は大事です。

 

何時ごろから渋滞するのか。

渋滞になるとどのぐらい時間を要するのか。

 

こういったことを想定しておかないと、

旅行の計画がずれにずれて、

まったく楽しめない旅行になるかもしれません。

 

 

また、長距離運転をするのなら、

事故防止のためオイルやタイヤの空気圧など、

車の点検をしておくこともおすすめします。

 

 

加えて、

自動車保険を見直すとよいでしょう。

 

 

というのも、運転を交代する場合、

自動車保険の設定が運転者家族限定特約だったら、

恋人が事故を起こしても、保険が落ちません。

 

その結果、

莫大な額を請求されてしまいます。

 

 

これを避けるためには、

自動車保険の運転者家族限定特約を解除するか、

1Dayから入れる自動車保険への加入が必要です。

 

 

運転者家族限定特約を解除しても、

保険料は大して異なりません。

 

定期的に恋人が運転するのなら、

運転者家族限定特約の解除をすることをおすすめします。

 

運転者家族限定特約を解除する場合は、

念のため、年齢制限も確認しておきましょう。

 

持っていると便利なアイテム紹介

 

旅行では、

以下のアイテムがあると重宝します。

 

  • リュックサック
  • ウェットティッシュ/ティッシュ
  • スマホ充電器
  • 風邪薬、ばんそうこう

 

簡単に説明していくので、

参考になれば幸いです。

 

リュックサック

飛行機で旅行をするのなら、

リュックサックの購入をおすすめします。

 

その理由は、以下の2点です。

 

  • 軽くて小さいため、手荷物として運べる
  • 比較的に安価で手に入る

 

 

特にLCC(格安航空)を使った旅行の場合、

荷物が増えるだけ料金がかさみます。

 

せっかくLCCを使ったのに、

料金が大して変わらなかったなんてことになるかもしれません。

 

 

特に、移動に楽なキャリーバックは、

重くて大きいため、

LCCには適していません。

 

キャリーバックの重量だけでも、

無料分の重量を大幅に占めてしまうからです。

 

 

その点、リュックサックなら、

軽量でサイズ変更ができる製品があります。

 

このような製品を用いれば、

LCCでもたくさんの荷物を手荷物として運べるのでおすすめです。

 

 

ちなみに、ぼくが愛用しているのは、

キャビンゼロの44L。

 

シンプルなデザインで、

ベルトを締めれば小さくなります。

 

また、非常に軽量なので、

その分荷物を詰め込むことも可能。

 

 

飛行機利用のときは、

いつも使っているアイテムなので、

LCCを利用するのなら、ぜひともおすすめしたいアイテムです。

 

 

 

ウェットティッシュ/ティッシュ

ティッシュやウェットティッシュは、

あれば非常に重宝するアイテムです。

 

たとえば、外の屋台で食事をするときや、

ソフトクリームを食べるときなど、

手を洗えない場所が多々あります。

 

そんなときに、

ティッシュやウェットティッシュを持っていれば、

恋人から評価されること間違いありません。

 

普段意識していないだけで、

ティッシュは頻繁に使うものですので、

旅行に行くのなら必ず持参しておきましょう。

 

スマホ充電バッテリー

スマホ充電バッテリーは、

旅行に行くのなら必須級のアイテムです。

 

これがないと、

せっかく写真を撮りたいときでも、

スマホの充電がなくて撮れなかったり

 

暇つぶしでゲームをしたくても、

充電がなくて暇をつぶせなかったり

 

スマホの充電がないだけで、

非常に不便な思いをするでしょう。

 

 

最近では充電スポットをよってちょくちょく見かけますが、

気軽に充電できる場所は、未だに多くありません。

 

特に田舎では、

ほとんど見かけないでしょう。

 

 

スマホが使えないと、

電車の時刻や宿泊施設の位置もわからなくなり、

最悪の旅行になってしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、

スマホの充電バッテリーは用意しておきましょう。

 

 

 

風邪薬、ばんそうこう

風邪薬やばんそうこうも、

旅行では重宝するアイテムです。

 

というのも、

怪我をする場面には、

なかなかばんそうこうが売られていません。

 

そのため、怪我した場合、

流血しながら探し回るという、

最悪な思いをする必要があるのです。

 

しかし、ばんそうこうを持っているだけで、

こういったトラブルを避けられます。

 

ばんそうこうは軽くて安いので、

財布に入れておくことをおすすめします。

 

 

また、風邪薬も案外重要なアイテムです。

 

慣れないことをすると、

お腹を下したり、頭痛がしたり、発熱したり、

こういった症状が出てしまうことがあるのです。

 

そんなとき、風邪薬を飲むだけで、

症状が和らぎます。

 

 

旅行に行ったのに、

トイレから出られないなんて事がないように、

常備薬は持ち運ぶとよいでしょう。

 

ぼくたちが行う旅行計画の立て方を紹介

 

実際にぼくたちは、

以下のような順番で旅行の計画を立てます。

 

  1. 旅行の目的を考える
  2. 混雑具合を考える
  3. 予算を考える
  4. 宿泊先を考える
  5. 周辺の観光スポットを探す

 

 

以下でそれぞれ解説していくので、

参考になれば幸いです。

 

旅行の目的を考える

まずは旅行の目的を考えます。

 

「何を達成するために旅行をするのか」

 

これを明確にしないと、

調べることが多すぎたり、予算が合わなくなったりして、

中途半端な旅行になってしまうからです。

 

 

今回は、

 

「茨城県であんこう鍋を食べる」

 

という目標にしてみましょう。

 

混雑具合を考える

混雑具合を考えることで、

出発時刻や観光地を回れるかが把握できます。

 

これを怠ると時間がおして、

旅行の計画が破綻するかもしれません。

 

 

移動手段、経由地や目的地によって、

調べることが増えるので、

ひとつひとつ必ず調べていきましょう。

 

 

ちなみに、ぼくと彼女は、

混雑しているスポットが苦手なので、

混雑具合を考えて、

旅行計画を変更することが多々あります。

 

 

今回は、

「茨城県であんこう鍋を食べる」ことが目的です。

 

平日に車で旅行をすると仮定するので、

ほとんど混雑しないことが予想されます。

 

念のため移動時間の30%ほどの遅延を、

バッファーとして組み入れておきましょう。

 

予算を考える

それでは、予算を決めていきます。

 

国内旅行の平均支出は、

1回当たり3万円らしいので、

今回は3万円が予算だと設定します。

 

 

旅行目的が明確になっているので、

予算配分は簡単です。

 

今回は、

あんこう鍋を食べる車移動の旅なので、

車移動の費用を先に算出します。

 

宿泊代+あんこう鍋代は、

3万から車移動の費用を引けば導き出せます。

 

宿泊先を考える

それでは、宿泊先を考えましょう。

 

予算が決まっているので、

その予算内の宿泊先を探します。

 

 

今回は、あんこう鍋を食べる旅なので、

宿泊施設で食べるか、飲食店で食べるかを考えなければいけません。

 

この点は彼女と相談をして、

お酒を飲みながら食べたいということなので、

あんこう鍋を食べられる宿泊施設を探します。

 

1人当たり約2万円の予算が残っているので、

贅沢な宿泊施設が探せそうです。

 

 

宿泊施設を探すには、

以下のサイトを頻繁に使っています。

 

 

楽天トラベルは非常に有名なサイトなので、

説明は不要でしょう。

 

対してトリバゴは、

最近有名になってきたサイトです。

 

施設によっては大幅な割引が設定されていて、

非常に安く泊まれることがあります。

 

 

宿泊施設を探すときは、

この2つのサイトを活用することをおすすめします。

 

 



 

周辺の観光スポットを探す

宿泊施設が決まったので、

周辺の観光スポットを探します。

 

先に観光スポットを探してしまってもよいのですが、

宿泊施設から遠いと、無理のある旅行計画になりがちです。

 

余裕がある旅行にするためにも、

宿泊施設を決めてから観光スポットを決めています。

 

 

しかし、観光スポットへの訪問が目的の場合は、

観光スポットから近いホテルを探します。

 

目的や状況によって、

宿泊施設や観光スポットを決める順番が変わるので、

気をつけてください。

 

旅行するなら喧嘩をしないように

結論として、旅行の計画は、

目的の決定や宿泊場所の決定など、

項目毎に順序たてて決めると上手くいきやすいです。

 

目的の決定がスムーズに行くように、

普段から旅行に訪れたい目的リストの作成をおすすめします。

 

 

また、旅行の計画は、

彼女と立てることを心がけてください。

 

主体となるのはあなたで良いのですが、

彼女の意見を取り入れないと、

旅行が失敗したときが悲惨すぎます。

 

喧嘩の原因にもなりかねませんので、

彼女の意見も聞いておきましょう。

 

 

ちなみに、彼女の意見は、

紹介した項目毎に聞くことをおすすめします。

 

以上で、「【カップル必見】彼女と旅行するときの計画の立て方はこれだ!!」をおわります。

 

-同棲生活, 旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

開陽台はおすすめできるか?アクセス方法と駐車場の位置

北海道の雄大な景色を観たいのなら道東旅行をおすすめします。 道東は札幌とは違い、畑や牧場が多く、ザ・北海道を味わうことができるのです。 今回はそんな道東にある観光地「開陽台」を紹介します。 めざましT …

平日に彼女とナガシマスパーランドへ!割引方法や駐車場の位置など!

  ナガシマスパーランドは日本でトップクラスの入場者数を誇ります。 夏休み期間やゴールデンウィークにはユニバーサルスタジオジャパン並みに混雑するほどです。 そんなナガシマスパーランドで彼女と …

【地球防衛軍5】彼女と一緒に遊んだ感想は?ゲーム好きならおすすめ!

  地球防衛軍シリーズは、 多くの人に親しまれているゲームタイトルです。   オフラインで協力プレイができ、 各ミッションを協力してクリアする楽しさは、 なかなか他のゲームでは味わ …

no image

網走監獄はおすすめできるか?アクセス方法と駐車場の位置

高倉健さん主演の「網走番外地」で一気に有名になった網走監獄。 現在では「ゴールデン カムイ」でも登場しており益々知名度が上がっています。 今回はそんな網走監獄に行く前に知っておきたい情報を紹介します。 …

【謎解きメール】彼女と遊んでみた感想は?暇つぶしには最高かも!

  突然ですが、誰かと遊ぶとき、 やることがなくて退屈していませんか?   そんな悩みは、 謎解きメールが解消してくれるかもしれません。     謎解きメールで …

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

記事紹介

~メディア掲載されました~
ひとぼしブログがメディア 「balloon」にて掲載されました。
「『同棲生活』『遠距離恋愛』のブログまとめ13選」 にて掲載されているので、ぜひ読んでください!
同棲生活や国際結婚に関する面白いブログも一緒に紹介されています!!
掲載記事はこちらです↓
https://ballooon.media/17055/

~~自己紹介~~

どうも!
ひとぼしです!!

仕事を辞め、2人で移住先探しの旅をしてる最中。

しかし、新たな仕事の都合でしばらく東京暮らし。 このブログでは、自分の経歴を生かした内容や同棲生活・移住先探しについての情報の他、
今まで200箇所以上の観光スッポトを訪れた経験を活かし、おすすめしたい観光地についての情報をお送りします。


詳しくは

自己紹介
自己紹介

このブログについて
このブログについて



<経歴>
家庭教師
酪農
被災地ボランティア
貧困者支援
塗装屋
無職のニート
webライター←今ここ


<今まで1ヶ月以上滞在した地域>
別海
南三陸
郡山
船橋
松戸
北千住
日野
松山
久万高原
立川←今ここ