< --> 【刷毛の種類と洗い方】水性と溶剤で異なる刷毛のあれこれ!

DIY

【刷毛の種類と洗い方】水性と溶剤で異なる刷毛のあれこれ!

投稿日:2019年2月28日 更新日:

 

DIYで塗装をするのなら、刷毛は必須アイテムです。

 

 

しかし、刷毛と一言でいっても、

刷毛には、様々な種類があることをご存知でしょうか?

 

 

動物、植物、化学繊維などの毛の種類や、

水性、溶剤、万能などの材質を指定した刷毛があります。

 

 

そして、どの種類の刷毛を使うかで、

 

仕上がりが全く異なるのです。

 

 

この記事では、塗装で使う刷毛にスポットをあてて解説しています。

 

刷毛の洗い方も一緒に紹介するので、参考になれば幸いです。

 

刷毛について

以下では、刷毛の基本的なことを紹介していきます。

 

刷毛は、何を塗るのか、

何の材料を使うのかで、使い分けなければいけません。

 

以下の内容を読み、何が必要なのかを検討してください。

 

刷毛の種類

ペンキで使う刷毛は、

「水性刷毛」と「油性(溶剤)刷毛」に分類されます。

 

あなたが使用する塗料によって、

どちらの刷毛を購入するのか決めましょう。

 

 

水性刷毛も油性刷毛も、

「動物」「植物」「化学繊維」のどれか作られており、

素材によって使用感がまったく異なります。

 

 

また、水性刷毛も油性刷毛も、

 

「スジカイ刷毛」

「平刷毛」

「メジ刷毛」

「筆刷毛」

 

のように、形状にも種類があります。

 

 

基本的に、床や天井・壁などを塗る場合は、

「スジカイ刷毛」「平刷毛」

の、ふたつを用意しましょう。

 

外壁を塗るときは、

「メジ刷毛」を用意すると、作業がしやすいです。

 

「筆刷毛」は、細かい部分を塗るときにしか使わないので、

住宅を塗装する場合は、ほとんど使うことがありません。

 

刷毛は値段が高いほうがよいのか?

刷毛は、値段が高いほうが使いやすく、

ペンキ初心者の人にも、比較的上手に塗ることができます。

 

また、値段が高いほうが、

刷毛自体が長持ちするでしょう。

 

 

しかし、安い刷毛でも、

塗装することは十分可能です。

 

もし、刷毛を使う頻度が少ないのなら、

無理して高い刷毛を買う必要はありません。

 

 

高い刷毛を買うより、

しっかりと、用途にあった刷毛を選ぶことが肝心です。

 

 

ですが、木の塗装の場合は、

高い刷毛を購入することをおすすめします。

 

 

木の塗装は「拭き取り塗装」なら安い刷毛でもよいのですが、

「塗りっぱなしの塗装」の場合は、ムラの原因になってしまいます。

 

もし、木の「塗りっぱなしの塗装」をするのなら、

それなりに品質の高い刷毛を、購入しましょう。

 

おすすめの刷毛

以下では、ぼくが職人時代によく使っていた刷毛を紹介します。

 

どの刷毛も、プロが使える品質ですので、参考になれば幸いです。

 

水性刷毛のおすすめ

水性刷毛のおすすめは、以下の3つです。

  • ひよこ
  • 水星
  • 塗来

 

「ひよこ」は、比較的安価ですが、

ダメ込みはしづらいかもしれません。

 

繊細な作業になるのでしたら、

断然「水星」「塗来」が、おすすめです。

 

 

油性刷毛(溶剤刷毛)のおすすめ

油性刷毛のおすすめは、以下の3つです。

  • はやて
  • 白鳩

 

「桃」「はやて」は、安価で使い勝手がよいですが、毛がよく抜けます。

 

毛がよく抜けるので、ペンキを塗ったあと、

塗装した壁が、毛だらけになってしまうのです。

 

塗膜に毛が付着していると、

塗膜がはがれる原因にもなりかねません。

 

そのため、「桃」「はやて」を使う場合は、

使用前に、あらかじめ毛をむしっておく必要があります。

 

 

「白鳩」は、値段が少し高いですが、

価格差以上に、塗りやすいです。

 

値段に大した違いがないので、

購入するのなら、「白鳩」をおすすめします。

 

 

刷毛の洗い方と保管方法

以下では、刷毛の洗い方と保管方法を解説してきます。

 

手入れをしていない刷毛は、使い物になりません。

塗装後は、かならず手入れを怠らないようにしましょう。

 

刷毛の洗い方

「水性刷毛」「油性刷毛」かによって、洗い方が異なります。

刷毛を使いまわす場合は、しっかりと適した洗い方をしましょう。

 

 1.水性刷毛の洗い方
  1. 水性刷毛を使い終わったら、新聞紙などで、余分な塗料を拭き取る
  2. お風呂場や洗面所で水を使って刷毛に付着した塗料を洗い落とす
    塗料の色が出てこなくなるまで、しっかり洗う
  3. 使った水は、水性塗料処理剤を使用し、処分する
  4. さいごに、毛を上向きにして乾かす

 

 

 

 2.油性刷毛の洗い方
  1. 水性刷毛を使い終わったら、新聞紙などで余分な塗料を拭き取る
  2. 「ペイント薄め液」を使って刷毛を洗う
    付着した塗料の色が出てこなくなるまで、入念に洗う
  3. 使用したペイント薄め液は、布に湿らせて乾燥させてから捨てるか、処理剤を使用して捨てる
    ※絶対に塗料を水道や河川に捨てないようにしてください
  4. さいごに、毛を上向きにして乾かす

 

刷毛の保管方法

刷毛の保管方法も、水性刷毛と油性刷毛で異なります。

以下でそれぞれ紹介するので、参考にしてください。

 

 1.水性刷毛の保管方法  

水性刷毛の保管方法は、以下の2通りあります。

 

  • 刷毛先を上に向けて乾燥させる方法
  • 毛の部分を水につけておく方法

 

 

 

ひとつ目は前述したように、

刷毛先を上に向けて乾燥させる方法です。

 

刷毛に塗料が付着している状態で乾かすと、

刷毛が塗料によって固まってしまいます。

 

しかし、刷毛を丁寧に洗えば、問題はありません。

 

この方法で保管する場合は、

しっかりと刷毛を洗うようにしてください。

 

 

ふたつ目は、

毛の部分を水につけておく方法です。

 

水につけておけば、

多少塗料が付着していても固まることがありません。

 

しかし、水を3日に1回程度のペースで取り替えないと、

水が腐ってしまうので、気をつけてください。

 

また、刷毛を持つ柄の部分が、腐る場合もあるので、

長期間の保管には適していません。

 

 

 2.油性刷毛の保管方法  

油性刷毛の保管方法も、以下の2通りあります。

 

  • 刷毛先を上に向けて乾燥させる方法
  • 毛の部分を水につけておく方法

 

 

ひとつ目は前述したとおり、

刷毛先を上に向けて乾かす方法です。

 

油性刷毛の場合は特に、

塗料が付着していると、すぐ固まってしまいます。

 

かならず、刷毛を入念に洗うようにしてください、

 

 

ふたつ目は、

ペイント薄め液に毛の部分をつけておく方法です。

 

この方法なら、

多少塗料が付着していても固まることがありません。

 

数日程度なら塗料が固まらないので、

この方法も検討ください。

 

 

ちなみに、ぼくが職人時代におこなっていた刷毛の保管方法は、

水やペイント薄め液につけておく方法です。

 

しっかりと洗うことが必要ですが、

この方法をおこなっている塗装職人が多いように感じます。

 

実際にこの方法で保管しても、

刷毛が駄目になることはありませんでした。

 

 

しかし、100円で買えるような安い刷毛の場合は、

薄め液につけておくと、使い物にならなくなる可能性があります。

 

安い刷毛を保管する場合は、

薄め液につけておく方法は、おすすめしません。

 

まとめ

  • 刷毛は「水性刷毛」「油性刷毛」に分類される
  • 刷毛の形状は「スジカイ刷毛」「平刷毛」「メジ刷毛」「筆刷毛」などがある
  • 刷毛の毛は「動物」「植物」「化学繊維」からできている
  • 水性刷毛は水で洗い、乾燥もしくは水につけて保管する
  • 油性刷毛はペイント薄め液で洗い、乾燥もしくはペイント薄め液につけて保管する

 

さいごに

刷毛は毛の種類によって、

高価なものから安価なものまで、様々な製品があります。

 

 

製品によって塗る使用感はまったく異なり、

仕上がりも変わってくるので、用途によって使い分けましょう。

 

 

しかし、いくら高価な刷毛でも、

雑に扱ったら、すぐに使い物にならなくなります。

 

洗い方や保管方法が悪いと刷毛が劣化してしまうので、気をつけてください。

 

 

塗る機会が少ないなら、安価な刷毛を購入して、

 

作業が終わり次第、刷毛を捨てることをおすすめします。

 

 

これなら刷毛の手入れも必要ありませんし、

刷毛が劣化する心配もありません。

 

下手に高い刷毛を買うより、

コストパフォーマンスが高いので、おすすめです。

 

以上で、「DIY|刷毛の種類と手入れの方法_刷毛の洗い方」をおわります。

-DIY

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【鉄部塗装】手すりやスチールドアを塗り替える工程と必要な道具

  最近流行のDIY。 外壁は足場を作らなければ塗れませんし、内壁が塗装の物件は少ないでしょう。 しかし、どの物件でも大概鉄部はあるはずです。 ドア枠や窓枠、手すりや階段などなど。。。 じつ …

塗装屋として失敗しない独立の秘訣は?事前に気をつけたい注意点も紹介!

  多くの塗装職人は独立します。   それは、独立して成功すれば、 大きな利益を得ることができるからです。     雇われている一般的な人には、 得ることができ …

壁の隙間にジョイントコーク!使い方と用途について

  あなたは、ジョイントコークを知っていますか?   内装業者の多くが使っているジョイントコーク。 とても使いやすく、すごく便利な道具なのです。   今回はそんなジョイン …

【パテ補修】DIYでもパテは必要?パテの使い方と必要な道具!

  壁紙の張替えや内壁塗装を行うのなら、 下地処理として、パテは必需品です。   しかし、普段使わないパテを購入したり、 使用するにはハードルを感じてしまったりする人もいるでしょう …

【塗料薄め液】塗料に適した種類とは?希釈方法も紹介!

  あなたは、「塗料薄め液」の購入に迷っていませんか?     塗料薄め液は、プロでも使うとても優秀な道具です。   塗料薄め液の有無で、仕上がりが大きく異なり …

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

記事紹介

~メディア掲載されました~
ひとぼしブログがメディア 「balloon」にて掲載されました。
「『同棲生活』『遠距離恋愛』のブログまとめ13選」 にて掲載されているので、ぜひ読んでください!
同棲生活や国際結婚に関する面白いブログも一緒に紹介されています!!
掲載記事はこちらです↓
https://ballooon.media/17055/

~~自己紹介~~

どうも!
ひとぼしです!!

仕事を辞め、2人で移住先探しの旅をしてる最中。

しかし、新たな仕事の都合でしばらく東京暮らし。 このブログでは、自分の経歴を生かした内容や同棲生活・移住先探しについての情報の他、
今まで200箇所以上の観光スッポトを訪れた経験を活かし、おすすめしたい観光地についての情報をお送りします。


詳しくは

自己紹介
自己紹介

このブログについて
このブログについて



<経歴>
家庭教師
酪農
被災地ボランティア
貧困者支援
塗装屋
無職のニート
webライター←今ここ


<今まで1ヶ月以上滞在した地域>
別海
南三陸
郡山
船橋
松戸
北千住
日野
松山
久万高原
立川←今ここ