< --> さとふるの手数料っていくら?さとふる会員のメリットを解説!!!

ふるさと納税

さとふるの手数料っていくら?さとふる会員のメリットを解説!!!

投稿日:2018年11月9日 更新日:

 

実質負担金2000円で返礼品がもらえる!!

そんなおいしい話があるのかと疑ってしまうほどメリットのある「ふるさと納税」

 

しかし、ほんとうに「ふるさと納税」は、誰もがお得をできてしまう制度なのです。

2016年には200万人以上が利用しており、年々増加傾向ということからも、その信憑性を感じることができるでしょう。

 

そんなお得な「ふるさと納税」を利用するにあたって、とても強力なサポーターがふるさと納税サイトです。

このふるさと納税サイトを上手く活用できれば、

今まで以上のすばらしい返礼品を受け取ることや、あなたの目的に沿った寄付をすることができるようになるでしょう。

 

今回は、そんなふるさと納税サイトのひとつ「さとふる」の料金やメリットを紹介いたします。

ふるさと納税サイトは、簡単に、だれでも利用することができるので、ぜひ参考にしてください!


ふるさと納税について

 

ふるさと納税とは、なんなのでしょうか?

よくテレビで聞くのは、2000円の負担金で特産品が手に入るというものです。

しかし、なんとも胡散臭いですよね。。。

以下で、ふるさと納税の仕組みと返礼品の調べ方を紹介いたします。

胡散臭そうですが、決して胡散臭い制度ではありませんので、じゃんじゃん活用していきましょう!

 

ふるさと納税の仕組みと現状

地方は過疎化が進んでおり、地域から集まる税だけではお金が足りない自治体も増えています。

そのため、都会で働いても住民票を出身地においたままだったり、家を応援したい地域に建てて都会で暮らしたりする人が続出しました。

 

これらを解決するためにできたのが、ふるさと納税です。

 

ふるさと納税を活用して寄付を行えば、寄付した金額から2000円引いた額が税金から控除されます。

また、地方は直接関わっていない第三者から寄付を募ることができるので、地域活性にもつながると考えられているのです。

 

しかし、ふるさと納税は一種の人気取りゲームと化していきました。

その原因が「返礼品」です。

 

制度を作った当初は、想定されていなかった寄付に対するお礼である「返礼品」

しかし、「返礼品」を送付する団体が続出したため、いかに魅力のある「返礼品」を提供できるかの競争になったのです。

 

その競争が激化し、換金率の高い金券や、還元率が100%を超える製品を「返礼品」として提供する自治体がでてきました。

 

しかしこれでは、寄付を募っても赤字になるという負の環境に陥る団体が続出するという懸念から、

お国から還元率は30%以下、換金率が高い金券やめるようにという指導が入ったのです。

 

未だ強制力を持たない指導ですが、2018年以降はこの指導に従う団体が増えると予想されるので、

今後はふるさと納税の健全化が進んでいくでしょう。

 

その結果、還元率の低い「返礼品」になってしまいます。

しかしふるさと納税とはもともとふるさとを応援するための制度ですし、

「返礼品」をもらえる以上は、ふるさと納税は多くの人にとって得をできる制度といえるでしょう。

 

ふるさと納税の返礼品の調べ方

ふるさと納税による寄付をおこなうなら、やっぱり得をしたいですよね。

しかし、ひとつひとつ地方のホームページを検索して調べるのは骨の折れる作業です。

 

そこでおすすめしたいのが、ふるさと納税サイトです。

 

ふるさと納税サイトとは、ふるさと納税を受け付けている団体をまとめて検索したサイトのこと。

返礼品の検索はもちろん、サイトによってはふるさと納税の利用方法を検索することもできます。

 

こうしたふるさと納税サイトはたくさんあるので、あなたが気に入ったサイトを利用するようにしましょう。

 

以下におすすめのサイトを4つ紹介いたします。

これらを参考にして、あなたが気に入るサイトを見つけてください。

 

1.さとめぐり

さとめぐりとは、山口県のふるさと納税に特化したふるさと納税サイトです。

山口県に特化しているだけあり、山口県の多くの団体が掲載されています。

特集も山口県の情報が豊富なので、山口県に興味があるのなら楽しめるでしょう。

ふぐや旅館など、魅力のある返礼品が掲載されています。

 

 

 

2.楽天市場

大手の楽天もふるさと納税を取り扱っています。

楽天市場を活用する最大のメリットは、利用すれば楽天ポイントが付与されることです。

これは他のサイトには無い特典ですので、楽天カードを利用しているのなら、楽天市場を積極的に使っていきましょう。

 

 

 

3.さとふる

さとふるとは、全国のふるさと納税を取り扱っているサイトです。

ふるさと納税の認知度・利用意向NO.1に選ばれている実績があるので、安心して利用できるでしょう。

取り扱っているふるさと納税の数がとにかく多いので、欲しい返礼品が無い場合は、さとふるを利用することをおすすめします。

返礼品ではなく、ふるさと納税の使い方別でも検索ができるので、そちらを覗いても面白いでしょう。

 

 

 

4.F-STYLE

F-STYLEでは、返礼品がファッションや日用品である自治体をピックアップしているふるさと納税サイトです。

鍋やベビーカー、ワインやスキンケア商品など、ファッション性のある返礼品が掲載されています。

特産品ではなく、普段使いできる返礼品がよいと考えているのなら、F-STYLEがおすすめです。

 

 

さとふるについて

 

ふるさと納税サイトはたくさんありますが、そのなかでも「さとふる」は人気があります。

以下で「さとふる」の紹介と利用するメリットを紹介いたしますので、

どのふるさと納税サイトを利用しようか迷っているのでしたらぜひ一読を!

 

さとふるってなに?

おすすめしたふるさと納税サイトのひとつである「さとふる」

「さとふる」は、ふるさと納税サイトの中でも、もっとも有名で人気のあるサイトのひとつです。

ふるさと納税の認知度・利用意向NO.1に選ばれていることからも、安心して利用することができるでしょう。

 

 

 

さとふるの特徴とは?

圧倒的なふるさと納税の情報量が、「さとふる」の特徴になります。

 

全国のふるさと納税を掲載しているだけではなく、

「価格別」・「返礼品の種類別」はもちろん、

「ふるさと納税の使い方別」や「人気ランキング」・「地域別」のほかにも、

「メルマガ」による最新情報や季節ものの返礼品の発信など、

かゆいところに手が届く、すばらしいサイトなのです。

 

また、ふるさと納税は申告しなければ税金が控除されないのですが、

「さとふる」では、申告するのに必要な情報や、控除額の上限を算出する計算機など、

はじめから最後まで、ふるさと納税の利用をサポートしてくれます。

 

このように、「さとふる」は、ふるさと納税に関することなら徹底的にサポートしてくれるのです。

ですので、どこのふるさと納税サイトを利用しようか迷ったのでしたら、「さとふる」を利用すれば間違いないでしょう。

 

さとふるを利用するメリットとは?

さとふるは徹底的にふるさと納税に関することをサポートしてくれます。

そんなさとふるを利用するメリットを5つ紹介したいと思います。

 

1.圧倒的な情報量!

先ほども紹介したように、「さとふる」では全国のふるさと納税の情報が掲載されています。

ですので、取り扱っている情報が膨大にあるのです。

 

「どの地域のどのような特産物が目当てである」などの特定の目当ての返礼品がない人にとっては、この情報の多さはとても重要といえます。

 

特定の欲しい返礼品がないひとは、

「さとふる」が発信しているメルマガや特集などとあわせて利用すれば、この情報量を上手く活用することができるので、

魅力的な返礼品にあえる確立がぐんと上がるでしょう。

 

2.細かく計算できる控除額の計算機!

ふるさと納税で控除される金額には上限があります。

その上限より多く寄付をしてしまうと、負担金が2000円を超えてしまうのです。

ですので、この控除の上限額を算出するのはとても重要なことになります。

 

他のサイトでは、年収のみからしか算出できない場合もありますが、

「さとふる」の詳細シュミレーションでは、年収や扶養人数のほかにさまざまな控除が考慮されるのです。

 

ですので、「さとふる」を利用すれば、より正確な上限額を割り出すことが可能となります。

それにより、上限額ぎりぎりまで寄付することが可能となるのです。

 

3.返礼品のレビュー機能がある!

返礼品を選ぶとき、本当に良い品なのかを気にしてしまいますよね。。。

しかし、「さとふる」ではレビュー機能があるので、その疑問を晴らすことが可能なのです。

誰かが返礼品に後悔をしているかしていないのかがわかるので、迷うことなく返礼品を選ぶことができるでしょう。

あなたも返礼品が届いた暁には、誰かのために、レビューをしてはいかがでしょうか?

 

4.被災地支援を受け付けているサイトがわかる!

近年、ふるさと納税の新しい活用方法として、被災地への寄付が行われるようになりました。

この制度を利用すれば、あなたの善意が被災地の役に立ち、その分あなたの税金も控除されるのです。

「さとふる」でも、被災地支援を受け付けている地域にふるさと納税による寄付をすることができます。

もし、まだ上限額いっぱい寄付していないのでしたら、被災地支援の一環として寄付をしてみてはいかがでしょう。

 

5.ふるさと納税の用途を選択できる!

「さとふる」では、あなたの寄付金の利用方法を選択することができます。

これは、なにに利用して欲しいのかを掲載している団体にのみ可能の機能です。

以下で紹介するもの以外にも、たくさんの寄付金の使い道を掲載している団体がありますので、

返礼品目当てではないというひとにも、「さとふる」は活用できるサイトとなっています。

  • 小中学校の図書購入費
  • こどものための職業体験事業の資金
  • 不妊治療の支援
  • 社会福祉施設の整備費用
  • 観光施設の整備費

 

さとふるの手数料と会員制度について

 

さとふるを利用するとき、手数料はかかるのかという疑問がでてきます。

これだけのサービスを提供しているのですから、お金をとっても不思議ではありませんよね。。。

以下で、さとふるの利用料金についてを紹介いたします。

また、さとふる会員になるメリットも併せて紹介いたしますので、参考になれば幸いです。

 

さとふるの利用料金は無料?

さとふるは、無料で利用できます。

一切手数料はかかりません。

どのサービスも無料で活用でき、さとふる会員にならなくてもふるさと納税を行うことができるのです。

会員登録も無料ですので、継続的にさとふるを利用しようと考えている人は、会員になるとよいでしょう。

 



 

さとふる会員になるメリットは?

さとふるは、無料で会員登録ができますが、会員にならなくても利用することができます。

では、会員にならなくてもよいと考える人もいるでしょう。

しかし、会員登録をすればお得なことがあるのです。

 

以下で会員になったら得をすることを5つ紹介いたします。

会員になるのかならないのかは、以下を読んでから決めましょう!

 

1.会員登録をすると、次回の手続きが簡単

ふるさと納税を行うとき、複数の団体に寄付をする人がほとんどでしょう。

そのとき、いちいち何度も同じ情報を入力するのは面倒だと思います。

会員登録を行えば、何度も同じ情報を入力する手間が省けます。

これは些細なメリットですが、何度も利用するならば、意外と馬鹿にできない使い勝手の良さです。

 

2.会員登録をすると、履歴を見ることができる

会員登録をすると、どこにいくらの寄付をしたのかという履歴をみることができるようになります。

 

これは、後におこなうふるさと納税の申告にとても役立ちます。

 

複数の団体を「さとふる」で寄付するときはもちろん、

複数の団体を複数のふるさと納税サイトで寄付するときも、

この機能があれば管理しやすくなるでしょう。

 

特に、上限額の決まっているふるさと納税では、寄付金額の管理は重要なことです。

 

ですので、複数の団体に寄付をしようと考えているのなら、履歴が残ることは大きなメリットとなります。

 

3.会員登録をしないと、配送状況がわからない

配送されるまでの期間は、地域や人気度合い・季節によって異なります。

場合によっては寄付してから1ヶ月ほど遅れてくる場合もあるのです。

それほど遅れてくると、ほんとうに配送されているのか、手続きができていないのか不安になることもあるでしょう。

 

しかし、「さとふる」に会員登録をすれば、そのような不安はなくなります。

 

会員登録をすると、現在の配送状況がわかる機能が開放されるからです。

地域によっては即配送ではなく、配送時期を決めることができる場合もあります。

この機能は、そういうときにも本当に配送されているのかを知ることができるので、たいへん便利だといえるでしょう。

 

4.会員登録をしないと、最新情報が配信されない

「さとふる」では、メルマガによる情報配信をおこなっています。

このメルマガでは、新着のふるさと納税を受付地域や、旬の返礼品を紹介しています。

目当ての返礼品がないひとには大変参考になる情報ですので、

とにかくよい返礼品がほしいと考えているのなら、登録するとよいでしょう。

 

5.会員登録をすると、専門スタッフがサポートしてくれる

「さとふる」では、会員登録をすると専門スタッフに質問することができます。

電話もしくはメールにて、あなたが不安に思っていることを聞くことができるのです。

とくに初めてふるさと納税をおこなう場合や、初めてふるさと納税を申請する場合など、

ふるさと納税に慣れていない場合は、専門スタッフのサポートはとても大きな魅力となるでしょう。

会員になれば無料でサポートしてもらえるのですから、会員にならない手はないのではないでしょうか。

 

今回のポイント

 

今回のポイントは、以下のとおりです。

「さとふるは、無料でふるさと納税をおこなえる。

しかし、無料会員になればさまざまなサポートを無料で受けることができる。」

 

~このページの復習~

  • ふるさと納税は寄付である
  • ふるさと納税では、控除の上限額以内なら実質負担額2000円で返礼品を受け取れる
  • 返礼品の競争は激化していたが、今後は落ち着き健全化していくことが予想される
  • ふるさと納税の返礼品を調べるのなら、ふるさと納税サイトの利用が有効
  • ふるさと納税サイトによっては、一部地域に特化しているなど、それぞれに特徴がある
  • さとふるは、ふるさと納税サイトの中でももっとも人気名サイトのひとつである
  • さとふるは、返礼品の検索から申請方法まで、はじめからさいごまでサポートしてもらえる
  • さとふるの利用は無料である
  • さとふるへの会員登録も無料である
  • さとふるは、会員登録をしなくても利用できる
  • さとふるに会員登録をすると、専門スタッフのサポートを得られるなど、さまざまな特典がつく

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

 

ふるさと納税をするとき、ふるさと納税サイトを利用はほぼ必須といえます。

しかし、ふるさと納税サイトは多数あり、それぞれに特徴があるので、どれを利用すればよいのか迷ってしまうでしょう。

 

あなたが気に入ったふるさと納税サイトを利用するのがベストだと思いますが、

どうしても迷ってしまうのでしたら、とりあえず「さとふる」を活用れば間違いはありません。

 

以上でさとふるの手数料っていくら?さとふる会員のメリットを解説!!!をおわります。

-ふるさと納税

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ふるさと納税|ポイント10倍はどこ!?それでもお得な楽天カード

  楽天市場で購入すると楽天ポイントが付与されます。 実は、楽天市場でふるさと納税をおこなっても付与されるのです! しかし、以前まで見かけた楽天ポイント10倍の地域を見かけなくなりました。。 …

ふるさと納税のプロテインはどれがお得?還元率を徹底比較!!

  あなたは普段プロテインを飲みますか? プロテインは、筋肉トレーニングやダイエットの効果を高めてくれるすばらしいものなのです。 しかし、プロテインって結構高額なのですよね。。。 &nbsp …

ふるさと納税サイトを利用するメリットとは?無料で使えるって本当?

  ふるさと納税を知っていますか? ふるさと納税は、サラリーマンでも節税ができる制度です。 多くの人に有用で、簡単にできますので、2016年には200万人以上が利用しています。 今回は、そん …

ふるさと納税の申請期限が過ぎてしまったら?忘れたときは還付申告を!

  ふるさと納税は、申告しなければ税金が控除されません。 ですが、慣れない確定申告では記入漏れしてしまう可能性もあります。 うっかり期限が過ぎてしまう場合もあるでしょう。 しかし、そんなとき …

ワンストップ特例制度と確定申告の違いとは?ふるさと納税を申告しよう!

  ふるさと納税を利用しても、申告しなければ控除が適用されません。 その申告方法は2種類あり、多くの人はどちらも選択することができます。 今回は、申告方法による違いを紹介しますので、この情報 …

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

記事紹介

~メディア掲載されました~
ひとぼしブログがメディア 「balloon」にて掲載されました。
「『同棲生活』『遠距離恋愛』のブログまとめ13選」 にて掲載されているので、ぜひ読んでください!
同棲生活や国際結婚に関する面白いブログも一緒に紹介されています!!
掲載記事はこちらです↓
https://ballooon.media/17055/

~~自己紹介~~

どうも!
ひとぼしです!!

仕事を辞め、2人で移住先探しの旅をしてる最中。

しかし、新たな仕事の都合でしばらく東京暮らし。 このブログでは、自分の経歴を生かした内容や同棲生活・移住先探しについての情報の他、
今まで200箇所以上の観光スッポトを訪れた経験を活かし、おすすめしたい観光地についての情報をお送りします。


詳しくは

自己紹介
自己紹介

このブログについて
このブログについて



<経歴>
家庭教師
酪農
被災地ボランティア
貧困者支援
塗装屋
無職のニート
webライター←今ここ


<今まで1ヶ月以上滞在した地域>
別海
南三陸
郡山
船橋
松戸
北千住
日野
松山
久万高原
立川←今ここ