ひとぼしブログ

カップルで楽しむ~遊・旅・住~

⑤体験談 移住情報

久万高原町に移住体験してみた!手続きや感想を紹介!!

投稿日:2020年1月9日 更新日:

愛媛県の田舎である久万高原町。

 

地方移住をしたい方にとっては、憧れる自然が久万高原町にあります。

 

 

今回は、久万高原町で移住体験をさせていただけたので、久万高原町の移住体験の感想や、久万高原町で移住体験をするにあたってのちょっとしたアドバイスを紹介していきます。


 

久万高原町はどんなところ?

久万高原町は自然が豊富

久万高原町とは、愛媛県の市町村の中でも最も広い面積を持つ地域のこと。

 

愛媛県の中央に位置しており、林野率が90%も占めている超自然豊富な田舎です。

 

日本で1・2位を争う透明度の仁淀川や、天の川まで見える四国カルスト、冬になればスキー場など多くの自然に囲まれているので、とにかく自然が多い地域に暮らしてみたいという方に向いた移住先だといえます。

 

久万高原町は松山へのアクセスが良好

そんなど田舎な印象がある久万高原町ですが、実は愛媛県の県庁所在地である松山の中心部から車で40分程度と、街へアクセスしやすい地域です。

 

以前までは1時間以上をかけてくねくねとした坂道を登る必要がありましたが、現在は新しい道路ができたため半分程度の時間で松山にたどり着けるようになりました。

 

 

東京でいえば日野市民や八王子市民が、新宿や東京にアクセスするのと変わりありません。

 

多摩地域や埼玉県から都心にアクセスしていた人からすれば、松山へのアクセスもさほど苦ではないのではないでしょうか。

 

そのため、久万高原町に移住するとしても、松山で就職するという選択肢も考えられます。

 

田舎=農業という方程式に当てはまらずにすむので、農業したくないけど移住してみたいという方にとってもよい移住先です。

 

 

久万高原町は電車が通っていないため、車が必須です。

 

車の運転免許がない方は、久万高原町への移住は難しいかもしれません。

 

 

久万高原町は少子高齢化が深刻

久万高原町は、少子高齢化が深刻化している地域のひとつです。

 

人口の半数程度が65歳を超えており、15歳未満は人口の1割程度しかいません。

 

そのため、どこに行っても、どこを見てもおじさん・おばさんばかり。

 

出会いの場なんてほとんどないと思います。

 

久万高原町は林業と農業が栄えている

久万高原町は、林業と農業が栄えています。

 

そのため、移住者の中には林業や農業に付く方が多いのだとか。

 

 

林業や農業という受け皿がある久万高原町ならば、移住しても就職の心配はなさそうです。

 

ちょくちょく地域おこし協力隊の募集もしていますし、移住後の職に不安があるのであれば久万高原町を移住先に選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

久万高原町で移住体験をするための手続き方法

久万高原町で移住体験をするためには、以下の手順が必要です。

  1. 久万高原町HPにて、お試し住宅に空きがあるのかを確認する
  2. 久万高原町のふるさと創生課に、メール、もしくは電話にてお試し住宅を利用したい旨を伝える
  3. ふるさと創生課からメールで届く書類を送付する
  4. 移住体験の当日に久万高原町役場に訪れ、鍵をもらう

 

以上が、久万高原町でお試し住宅を利用するための手順です。

 

お試し住宅がどのような物件なのかを事前に下見をすることもできるので、下見をしたい場合はふるさと創生課に連絡してみてください。

 

久万高原町に移住体験して感じたこと・感想

本当に自然ばかりで空気が気持ち良い

久万高原で移住体験してまず思ったことは、とにかく本当に自然が豊かであるということです。

 

久万高原の中心街を除けば、どこもかしこも自然と隣り合わせの生活になることが伺えます。

 

 

道路の周りは緑一色で、久万高原町の中心部から程近いところには、深さが分からないほどの透明度を誇る仁淀川も流れています。

 

朝は鳥のさえずりが聞こえ、夜は満点の星空が。

 

夏になれば、一面の蛍を見ることも。

 

四国カルストから見る景色や星空は、一生の思い出になると断言できるほどです。

 

 

早朝なんて、きれいな空気の土や気の匂いでぼくのお気に入りでした。

 

自然あふれる地域に移住したいのであれば、久万高原は十分に選択肢に入ると思います。

 

ふるさと創生課がものすごく親切

移住に関しては、町役場のふるさと創生課が請け負います。

 

移住体験、移住するための家探しや久万高原町の案内など、さまざまなフォローをしてくれるのがふるさと創生課の方々です。

 

 

そして、移住に関してはおまかせあれのふるさと創生課の方々は、本当に親切な対応してくれます。

 

こちらの負担にならないことを第一に考えて、お試し住宅への訪問回数は月に2回程度と多くありません。

 

かといってずっと放置されるというわけではなく、町に馴染めるようにイベント毎や農家のバイトなどに誘っていただけたりと、ほどよい距離感で接してもらえます。

 

 

特にふるさと創生課の親切さと頼もしさを感じたのは、家探しをするときです。

 

家探しをするときは空き家バンクに載っている物件から選ぶのが一般的ですが、条件に合う物件がないとふるさと創生課がいろんな伝を使って久万高原町民の方々に空き家の提供を促してくれます。

 

条件にあう家が見つかるまで、永遠と物件の案内と下見に付き合ってくれるのです。

 

 

ふるさと創生課の方々は、とにかくこちらの移住のバックアップを徹底してやってもらえます。

 

ふるさと創生課の中には移住者の方もいるので、久万高原移住を考えているのであれば気軽に連絡してみてください。

 

お試し住宅は清潔で暮らしやすい

お試し住宅とは、移住体験の方が使える住宅のことです。

 

お試し住宅を拠点として、地域に自分が合っているのかを確かめたり、家探しをしたりできます。

 

 

久万高原町にはお試し住宅が2箇所あり、どちらも清潔で暮らしやすいです。

 

冷蔵庫やテレビは完備しており、石油ストーブも置かれています。

 

キッチンは広く、和室も洋室もあり、とても落ち着く住宅です。

 

 

地域によっては公民館みたいな施設や古い住宅がお試し住宅として提供されることもあるので、久万高原町はお試し住宅の中でも住みやすい部類だと思います。

 

 

ただし、片方のお試し住宅は、夏になるととんでもない量の雑草が生えます。

 

週に1度は雑草狩りをしないと一面が雑草だけになってしまうという田舎らしさがあるので、お試し住宅を借りる際は覚悟しておきましょう。

 

 

とにかく虫が多すぎる

先ほどもお伝えしたように、久万高原町はとにかく自然が豊富です。

 

ということは、つまるところ虫もたくさんいるわけなのです。

 

 

梅雨の時期は、カエル、カタツムリやナメクジが大量発生します。

 

夏になると、せみの鳴き声が非常にうるさくなり、人によってはゆっくり眠れないかもしれないほどです。

 

 

大きな蚊も結構多いですし、蜂に刺される方もちょくちょくいるのだとか。

 

蛇もそれなりに出没するらしく、実際にお試し住宅の庭で遭遇しました。

 

 

久万高原町はとにかく虫が多い地域なので、虫が苦手な場合は久万高原町の中心街で家探しをすることをおすすめします。

 

冬は雪かきで忙しいらしい

久万高原町は、標高800mほどにある地域です。

 

非常に標高が高いため、愛媛県といえども冬になると大量の雪が降ります。

 

積雪量も多いことから、毎年雪かきが大変なんだとか。

 

 

3月下旬までは雪が残っていることが多いらしく、アイスバーンも4月に入るまでよく生じます。

 

その分、久万高原町にはスキー場があり、スキーやスノーボーがすきな方は毎日のようにスキー場に足を運べるでしょう。

 

 

しかし、雪かきをするのが億劫な方や、車の運転が不安な方は久万高原町への移住は難しいかもしれません。

 

ガソリン代がものすごくかかる

久万高原町は、愛媛県で最も広い地域です。

 

また、松山市へは車で片道40分ほどかかるため、とにかくガソリン代がかかります。

 

ぼく達が久万高原町に滞在しているときは、1ヶ月で1万円ほどガソリン代がかかっていました。

 

普段あまり家から出かけないぼく達でもガソリン代がこれほどかかっていたので、頻繁に外出する方はもっと多くのお金がガソリン代として必要になるでしょう。

 

 

移住は東京にいるときとは違ったお金がいろいろとかかるので、移住体験を通してどれほどの出費があるのかを確認しておくことをおすすめします。

 

久万高原町民のおおよその性格

久万高原町民は、優しくてシャイな方が多いです。

 

松山市が近いためか、移住者を嫌っているような方は見かけませんでした。

 

地方移住で問題になるような、移住者が地域から省かれるということも心配なさそうです。

 

 

久万高原町で移住体験する際のアドバイス

空き家を探す方法

空き家を探すには、以下の2つの方法があります。

  • 空き家バンクを利用する
  • 空き家を提供してくれる久万高原町民を探す

 

空き家バンクを利用する場合は、インターネットの久万高原町空き家バンクから探しましょう。

 

ふるさと創生課の方々にお願いすれば、空き家バンクに掲載されている物件を下見できます。

 

 

なんらかの理由で、空き家バンクにある物件以外の住宅を探したい場合は、条件に合いそうな物件を久万高原町民にお願いして探し出すしかありません。

 

もちろん、このケースでもふるさと創生課の方々が協力してくれますが、空き家バンクに物件を掲載しない方は見ず知らずの相手に物件を貸したがらない方もいるのです。

 

そのため、あなたが積極的に久万高原町の方と触れ合って、あなたが信頼を置ける人物であることを証明しなければなりません。

 

 

ふるさと創生課の方に相談すれば、たとえば、催しごとのお手伝いや地域のスポーツ団体への紹介など、久万高原町民と触れ合う機会を作ってくれます。

 

もし、本気で久万高原町の物件を探したい方は、こういった久万高原町民と触れ合う場に参加してみてください。

 

 

ちなみに、家がどうしても見つからない場合は、公共アパートに住むという手もあります。

 

所得制限がありますが、家が見つかるまで公共アパートに住むという方法もあるので参考になれば幸いです。

 

ガソリン代を浮かせる方法

久万高原町には、複数のガソリンスタンドがあります。

 

しかし、ほとんどのガソリンスタンドではガソリン代がかかれていないため、どれほどの料金を取られるかが分かりません。

 

 

そのため、ガソリン代を浮かせるには、農協のガソリンスタンドの利用がおすすめです。

 

農協のガソリンスタンドなら、毎週土曜日の給油はお得になりますし、農協のカードを持っていればさらにお得に給油できます。

 

下手なガソリンスタンドで入れるとぼったくられる可能性もあるので、久万高原町でガソリンを入れる際は農協のガソリンスタンドをお使いください。

 

移住体験時に最低限持っていきたい所持品

お試し住宅の際に最低限必要な所持品は、以下の通りです。

  • お金
  • 衣服
  • 布団類
  • 歯ブラシや髭剃りなどの洗面用具
  • 電子レンジ

 

お試し住宅を利用するシーズンによって異なりますが、最低限これらの所持品が必要になります。

 

 

お試し住宅には、生活用品が基本的にそろっています。

 

しかし、布団の類がないので、かならず布団を持っていきましょう。

 

また、掃除機が比較的古いので、自宅の掃除機を持っていったほうが良いかもしれません。

 

ぼく達が移住体験をしてから時間が経過しているので、役所に問い合わせることをおすすめします。

 

久万高原町の観光スポット

久万高原町の観光スポットは、以下の通りです。

  • 四国カルスト
  • 大川嶺
  • 面河渓
  • 赤蔵ヶ池
  • 御三戸嶽

 

それぞれの観光スポットに関しては、以下の記事で紹介しているので参考になれば幸いです。

久万高原で蛍鑑賞!大成神宮やニ名川のアクセス方法と駐車場

つつじで有名な大川嶺!駐車場やアクセス方法、つつじの身頃は?

面河渓の展望台ルートって?駐車場やアクセス方法も!

久万高原の秘境「赤蔵ヶ池」はおすすめか?駐車場やアクセス方法も

久万高原でBBQするなら御三戸嶽!駐車場やアクセス方法も!

 

久万高原町への移住はおすすめできるか?

自然が豊富で、街へのアクセスが良好な地域に移住したいという方にとっては、久万高原町はおすすめできる移住先です。

 

夏はそれほど暑くなく、蛍や星空がほんとうにきれいで、田舎のよさを実感できるでしょう。

 

久万高原町民も温厚で優しく、久万高原町役場も移住に積極的なので、どんな方でも移住しやすい地域だと思われます。

 

 

しかし、虫が多くいることや、冬の大雪など、久万高原町に移住するデメリットがあるのも事実です。

 

ですので、久万高原町に興味をお持ちの方は、久万高原町にあなたが合うのかを移住体験を通して確認してみることをおすすめします。

 

 

-⑤体験談, 移住情報
-,

執筆者:


  1. 移住促進班 より:

    久万高原町ふるさと創生課です。
    久万高原町への移住をご紹介していただく記事を掲載いただき、ありごとうございます。
    また、以前はお試し住宅をご利用いただきありがとうございました。
    お試し住宅をご利用いただいた時期は、初夏から夏にかけて、新緑の季節でしたが、本日の久万高原町は一面の銀世界(積雪15cm程度ですが)となっております。
    また、愛媛県に来られる際は、移住促進班にご連絡いただければ、いろいろとご案内させていただきます。よろしくお願いします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です