< --> <貧困問題>経済苦による貧困状態のとき知っておきたいこと

re:start

<貧困問題>経済苦による貧困状態のとき知っておきたいこと

投稿日:2018年3月25日 更新日:

 

突然ですが、日本には、

貧困者がどれぐらいいるか、知っていますか?

 

 

実は、日本には、6人に1人が貧困者といわれているのです。

 

 

貧困者がそんなに多いにもかかわらず、

貧困状態になったときの対処法は、誰も教えてくれません。

 

そこで今回は以前の職歴を活かして、

「貧困状態になったら知っておきたいこと」ついて書いていきます。

 

学校でも親にも教えてもらえないことですが、

生きるうえでは必要になる可能性が高いので、一読ください。

 


120%;">

 

 

貧困状態とはなにか?

 

貧困の基準とは、なんなのでしょうか。

以下では、貧困の基本的なことを解説していきます。

 

日本の貧困者は15.6%

皆さんは、貧困と聞いてどう感じるでしょうか?

 

多くの人は、

「発展途上国にいる貧しそうな子どもたち」

を、想像するのではないでしょうか。

 

もしくは、

「日本にもいるホームレス」を想像する人もいるでしょう。

 

どちらも、確実に貧困状態に該当します。

 

しかし、驚くことに、日本の世帯貧困率は15.6%です。
6世帯に1世帯が貧困世帯といわれています。

子どもの貧困率もほぼ同じ数値です。
そのため、子どもの6人に1人が貧困ということになります。

 

 

なかなか不思議な感じですよね。

 

自分の身近には、貧困者が全然いないように感じますし……

 

 

しかし、不思議に感じるのは、

「どの状態が貧困を指すのか」の、

線引きがわかりにくいからでしょう。

 

ということで次からは、貧困について解説していきます。

2種類ある貧困

「絶対的貧困」「相対的貧困」

 

貧困は、この2つの種類に分かれています。

 

 

「絶対的貧困」「相対的貧困」とは、以下の通りです。

・絶対的貧困

食料・衣服・衛生・住居について最低限の要求基準により定義される貧困レベルである。

低所得、栄養不良、不健康、教育の欠如4など人間らしい生活から程遠い状態を示す。

・相対的貧困
等価可処分所得の中央値の半分に満たない世帯員。
(預貯金や不動産等の資産は考慮しない)

等価可処分所得=可処分所得÷√世帯人員

可処分所得=実収入ー非消費支出

 

少し難しい言葉も入っていますが、

wikipediaより引用させていただきました。

※出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%A7%E5%9B%B0

 

絶対的貧困の具体例としては、以下の通りです。

  • ホームレス
  • 貧困としてマスメディアに取り上げられている、途上国にいる子どもたち

 

一般的に貧困だと考えられる生活水準の人が、絶対的貧困に分類されます。

 

それに対して、相対的貧困は、世帯収入が平均より少ない世帯のことです。

 

たとえば、4人家族でいうならば、

年収が305万円以下の場合が相対的貧困に分類されます。

 

絶対的貧困よりは、

大分身近な存在に感じるのではないでしょうか。

 

このように、「絶対的貧困」と「相対的貧困」では、

貧困の度合いが異なるのです。

 

貧困状態になったらやるべきこと

 

日本の貧困者は、6人に1人という割合です。

 

それなのに、「貧困状態になったらどうすべきか」を、

誰も教えてくれないというのも、おかしな話ですよね。

 

以下では、貧困状態になったらやるべきことを3つ紹介します。

貧困状態になったら、参考にしてください。

 

住み込みのバイトを探すこと

住み込みバイトには、

貧困状態に陥ったときに必要なものが、全て詰まっています。

 

 

なぜなら、住み込みバイトは、

面接がほぼなく倍率も低い、

そして最低限の生活を保障してくれるからです。

 

 

住み込みバイトを利用して、軍資金をためる。

 

そして実家から就職活動を始めることにより、

1から立て直せすことができるでしょう。

 

最近では、保証人がいなくても、

アパートを借りれるようになっています。

 

拠点として、シェアハウスやレオパレスも、検討してもよいでしょう。

 

ある程度お金を貯められれば、

好きな場所に拠点を作り、就職活動に専念することができるのです。

 

そうすれば、貧困から抜けることも不可能ではありません。

 

このように、住み込みバイトは、メリットが盛りだくさんです。

軍資金を貯めるにはもってこいの働き方ですので、活用してください。

 

おすすめのサイトは

リゾートバイト.comボラバイトです。

 

変り種ですが、地域おこし協力隊になるのもひとつの手でしょう。

 

地域おこし協力隊なら、

安定した給与を最大3年間、確保できます。

 

しかし、これらの方法は、携帯やパソコンがなければ、応募も難しいです。

移動費も捻出する必要があるので、余裕があるうちに実行してください。

 

 

 

2.親や兄弟に頼ること

「さいごのセーフティーネット」

 

こう言われているほど、親は重要な存在です。

 

実家に帰れば、保険も扶養に入ることもでき、

家賃を払う必要も無いので、出費を極限まで抑えられます。

 

そこからやる気さえあれば、立て直すことは可能でしょう。

 

しかし、近所や地元友人の目が気になるというような、

お金とは異なる、様々な障害があります。

 

やる気すら失ってしまった場合は、

引きこもりまで一直線ということも。。。

 

とはいえ、無理に外で頑張ることと同様に、

ダメになる前に実家に帰って親に頼ることも、重要だと思います。

 

3.どうしよもなくなったら生活保護に頼ること

親にも頼れないとなったら、

最終手段の「生活保護」を利用しましょう。

 

生活保護が適用されれば、

家賃や最低限のお金が給付されます。

 

生活保護が適用されれば、

ひとまずですが、生活が安定するでしょう。

 

金銭的な不安から解消されて、

生活を立て直すことができます。

 

しかし、生活保護の審査は、とても厳しいです。

中には、生活保護申請者を適当にあしらう役所もあります。

 

そのため、生活保護の申請をするときは、

生活保護の申請方法を調べておくことが必要です。

 

それと同時に、

生活保護を支援しているNPO団体に相談するのも、ひとつの手でしょう。

 

とはいえ、生活保護は最後の手段です。

しっかり親に相談してから申請をすることを、おすすめします。

 

生活保護とはなにか

 

以下では、生活保護について説明していきます。

 

貧困時にはとても大きな助けとなる制度ですので、

しっかりと把握しておきましょう。

 

生活保護とは?

日本国憲法25条には、

 

「国民ハ健康ニシテ文化的水準ノ生活ヲ営ム権利ヲ有ス」

 

と、記されています。

 

 

もう少し噛み砕いて要約すると、

 

「今の時代の日本国民は、最低限この生活をしているよね」

 

というレベルまで、国が保障してくれているということです。

 

 

ここでポイントなのが、「今の時代」と「最低限の生活」です。

 

今の時代の最低限の生活であって、

過去や未来の最低限の生活ではありません。

 

また、最低限の生活ですので、

生きて暮らせるだけでは不十分です。

 

そのため、携帯やパソコンの所持を、

昔は認められていませんでした。

 

しかし、これらがないと働くことも難しいと判断されて、

生活保護受給者でも、現在では所持を認められています。

 

このように、生活保護制度というものは、

時代に沿った普通の生活を、保障しているのです。

 

生活保護の欠点とは?

生活保護という制度にも、欠点があります。

 

 

それは、「やる気が無い人」には、

「やる気を出させる要素がない」という点です。

 

 

生活保護は、申請が受理されてしまったら、

ほぼ永遠に働かなくても、生きていけます。

 

その生活に慣れてしまえば、

それより下の生活になることがありません。

 

その結果、何もしないことに対する危機感を、

感じることができなくなってしまいます。

 

 

そして、その成れの果てが、

生活保護費をパチンコやお酒に費やす、例の人たちです。

 

 

生活保護の生活に慣れてしまったら、

そこから抜け出すのは、非常に困難なのです。

 

このように、生活保護には、

やる気を出させる要素がないという欠点があります。

 

生活保護を受給するときは、

しっかりと社会復帰する覚悟が必要といえるでしょう。

 

生活保護の不正受給

 

生活保護の水際作戦

生活保護は、

今までにたくさんの人たちを救ってきました。

 

しかし、生活保護を受けられなかったがために、

門司餓死事件のように、亡くなった事例も存在します。

参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%80%E5%8F%B8%E9%A4%93%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

相談件数からどれほど断ることができるかで、

役所は評価を決めていた時期があります。

 

その行為のことを水際作戦と呼び、

その結果、実際に亡くなった人もいました。

 

そのことがマスコミで報道されて、水際作戦が批判を浴びる事態になり、

現在では、そのようなことを行っている役所は多くありません。

 

生活保護の不正受給

水際作戦の反動なのかはわかりませんが、

一部の地域では、生活保護の申請が異様に通りやすい地区も出てきました。

 

 

たとえば大阪府西成区では、生活保護受給者が区民の1/4もの人数です。

生活保護受給者のほとんどが、不正受給といわれています。

 

 

これが話題になり、対策を強化しているそうですが、

人命に関わる部分でもあるので、難航するといわれています。

 

このような、生活保護費を不正受給している人がいるという話を聞くと、

多くの生活保護費が無駄なのでは、と感じる人もいるでしょう。

 

 

ですが、生活保護の不正受給率は1.8%といわれています。

これが本当なら、生活保護を不正受給してる人は、多いとはいえない数値です。

 

生活保護受給者の98%もの人が、

必要だから生活保護を受給しているのですから。

 

 

とはいえ、生活保護が必要かという線引きは非常に難しいです。

そのため、2%しか不正受給者がいないというデータは疑わしいと感じています。

出典 https://www.mhlw.go.jp/topics/2017/01/tp0117-1.html

 

貧困状態でもあきらめないで

日本という国は、失敗した人にはとても厳しい国です。

 

一度レールから外れたら、

就職することが難しく、立て直すのに大きな力を必要とします。

 

社外が作ったレールから外れるということを知らずに、

ほとんどの人は、順調に定年を迎えていくでしょう。

 

そのため、レールから外れた気持ちや、

一度止まってしまった人が何故動き出せないのかを理解できない人も多くいます。

 

 

しかし、あなたの気持ちを、

誰も分かってくれないからといって、絶望することはありません。

 

 

一番下に落ちるまでには、たくさんのセーフティーネットがあります。

 

 

何度だってやり直せるのです。

 

 

職を失ったり、ワーキングプアによる生活苦が続いたりしている人は、

貧困状態になったらやるべきことの1~3を実践して、生活を立て直してみましょう。

 

 

また、活保護の受給を希望する場合は、役所に相談してください。

 

万が一そこで門前払いされたら、

「貧困からの脱出」を支援しているNPO法人に、相談することをおすすめします。

 

ですが、貧困ビジネスをしているNPO法人も実在しているので、

どの団体に相談するかは、慎重に検討することが必要です。

 

以上で「<貧困問題>貧困状態になったら知っておきたいこと」をおわります。

-re:start

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

塗装屋として失敗しない独立の秘訣は?事前に気をつけたい注意点も紹介!

  多くの塗装職人は独立します。   それは、独立して成功すれば、 大きな利益を得ることができるからです。     雇われている一般的な人には、 得ることができ …

一覧|塗装屋の資格ってなにがある?資格を取って強みを作ろう!

  塗装屋は、資格がなくても営業できることを知っていますか? しかし、資格がないと一定規模以上の工事を請け負うことができなかったり、作業の幅が狭まったりと、強みのない塗装屋になってしまうので …

【塗装職人の真実】仕事はきついの?塗装屋の1日の動きと給料や将来性!

  学歴が高ければ高いほど、 所得が高くなる傾向にあることを知っていますか?   中卒と大卒の生涯収入は、 6千万円もの違いがあります。     しかし、低学歴 …

no image

まだ間にあう!?開業届と青色申告承認申請書の期限と持ち物

「開業届って何を書けばいい?」 「昨年分の収支をどうにかして青色申告したい」   このような、開業と税金に関する悩みを抱えていませんか?   特に、開業間もないときは、確定申告の方 …

<実は儲かる!?>建築塗装屋さんに就職する前に知っておきたいこと

  建築系の仕事は給料が日当でもらえたり学歴関係なく雇ってもらえたりと金欠になったり仕事を失ったりした人にとってはありがたい仕事です。 また、家に住む以上無くてはならない仕事ですし、極めた人 …

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

記事紹介

~メディア掲載されました~
ひとぼしブログがメディア 「balloon」にて掲載されました。
「『同棲生活』『遠距離恋愛』のブログまとめ13選」 にて掲載されているので、ぜひ読んでください!
同棲生活や国際結婚に関する面白いブログも一緒に紹介されています!!
掲載記事はこちらです↓
https://ballooon.media/17055/

~~自己紹介~~

どうも!
ひとぼしです!!

仕事を辞め、2人で移住先探しの旅をしてる最中。

しかし、新たな仕事の都合でしばらく東京暮らし。 このブログでは、自分の経歴を生かした内容や同棲生活・移住先探しについての情報の他、
今まで200箇所以上の観光スッポトを訪れた経験を活かし、おすすめしたい観光地についての情報をお送りします。


詳しくは

自己紹介
自己紹介

このブログについて
このブログについて



<経歴>
家庭教師
酪農
被災地ボランティア
貧困者支援
塗装屋
無職のニート
webライター←今ここ


<今まで1ヶ月以上滞在した地域>
別海
南三陸
郡山
船橋
松戸
北千住
日野
松山
久万高原
立川←今ここ